読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姿勢と体の使い方レッスン〜アレクサンダーテクニーク教師のつぶやき〜

姿勢と体の使い方について気ままに書いています。アレクサンダーテクニーク教師です。

パソコンするときの体の使い方

こんにちは、アレクサンダーテクニーク教師の土橋です。

 

今回はパソコンをするときの体の使い方をご紹介します。

 

今日の生徒さんとのレッスンより。

 

「パソコンをするときやした後どうも、首や肩のあたりが凝るんです。」

 

というお悩み。

 

動きを見てみると、画面やキーボードを見る際に首の付け根の辺りから頭を動かそうとしてしていました。

 

そうすると、当然、頭や首に負担がかかります。

 

頭を動かすときに意識したいのは、背骨のてっぺんから頭を動かすということです。

 

背骨のてっぺんってご存知でしょうか?

 

手で指さして見てください。

 

その高さは、顔の前でいうと、どの辺になると思いますか?

 

顎の辺りを指していませんか?

 

正解は、なんと目の下の辺りです!

 

高いーって感じしませんか?

 

f:id:tutidobashi:20170301233018j:plain

(アレクサンダーテクニーク教師・フルート奏者じゅんこさんのブログより)

 

そうです。実はかなり高いところまで来ています。

 

頭はその高さから動くことができます。

 

実際に背骨のある場所は、耳と耳の間で鼻の奥あたりになります。

 

この高さから頭を動かすようにすると、ずいぶん首や肩の負担は軽くなりますよ。

 

是非意識してみてくださいね。

 

そしてもう一つのポイントは、パソコンとの距離を調整するのに股関節から胴体を動かすということです。

 

f:id:tutidobashi:20170301233312j:plain

(音楽家なら誰でも知っておきたいカラダのこと 誠信書房より)

 

股関節を動かさず、背中を丸ることで画面に近付こうとすると、腰痛や背中の張りの原因になってきます。

 

①背骨のてっぺんから頭を動かす。

 

②股関節から動く

 

パソコンをする際にはこの2点をを是非意識してみてください。

 

https://www.facebook.com/aletechkyoto/

 

alex-kyoto.com